生理不順

生理不順についての豆知識

生理不順は28日程度のサイクルで繰り返される月経の間隔が長めになっている状態が続いたり、長い時期があったり通常の時期があったりと一定していない状態です。

 

若年期をすぎ、熟年にさしかかるともともとの月経のサイクルはゆるやかなものになってゆきますが、年齢にかかわりなく月経のサイクルが安定していない状態は生理不順とみてよいでしょう。
大きな原因はいくつかありますが急激に体重を落とすタイプのダイエットであったり、食生活の栄養の偏りであったりもありますが最も大きなものはストレスです。

 

ストレスは精神的なもの身体的なものにかかわらず継続してかかり続けて徐々に影響を与えるタイプのものでも、1回の影響が大きいものであっても体調を変えるきっかけになります。

 

特に女性の場合は月経や睡眠、食事といった生活に直結した状態で影響を受ける事が多いのが実情です。

 

月経は多少のずれやサイクル1回程度の期間とんでしまった状態でも、生活の忙しさなどから医療機関になかなか行きづらくなってしまう状態になりがちです。

 

判断の基準としては月経のサイクルがゆっくりであっても一定のサイクルをきざんでいればあまり気にする事はないでしょう。

 

3カ月経過しても月経がはじまらなかった場合は出来るだけ早く婦人科へ相談をしましょう。

 

まず生活サイクルと、栄養状態などの問診をした上で血液検査をしてもらうと安心です。

 

血液検査の結果をみた上でさらに細かい検査を行うか、経過観察をするかの判断をします。

 

生理不順に限らず、女性の体調管理の目安として基礎体温をはかって記録をとっておくと大きな体調のデータとなるのでとても大切なものですのでお勧めです。